性感帯の育て方

彼とセックスしているのに、気持ち良いと感じないなら性感帯を育ててみませんか。

不感症で悩んでいる女性の場合、
・自分で性感帯が分かっていない
・男性のテクニック不足
が原因になっているとも考えられます。

性感を探す旅に彼と出掛ければ、触れ合う時間が増えてセックスが楽しくなるかもしれません。気持ち良いと感じることが増え,彼のテクニックも向上するのではないでしょうか。

パートナーから身体全体に触れてもらえば、自然と快感に感じるところは見つかります。触っただけでピクと反応したり気持ち良いと感じたりするスポットは覚えておいて、「次回もあの場所お願い」とおねだりしてみてもいいですね。

女性器まわりに性感帯はいっぱい

もっとも気持ち良いスポットが集まっているのは、やはり女性器周辺です。女性器が快感を得やすいというのは、ほとんどの人にインプットされている情報なはず。しかし、細かい箇所について理解している人はどれくらいいるのでしょうか。

膣まわりには、クリトリス・Gスポット・ポルチオというスポットがあります。女性器の表面にも膣内にも性感帯となりえる箇所があるので、ぜひチェックしてみてください。

クリトリス

大陰唇を開くと小陰唇があり、その奥にクリトリスが見えます。膣口の上部分にあり、ふくらんでいる部分です。

優しくクリを刺激すれば、多くの女性が快感の表情を浮かべるでしょう。

しかしあまりオナニーをしていない女性だと、かなり過敏になっており乱暴に刺激すると痛みを覚える場合がります。そっと力を入れずに触り、「痛くない?」と最初のうちに聞くのも大切です。

女性は膣内よりも、クリの方がイキやすいと言われています。まずはクリでイケるように開発して、それからほかの箇所も攻めてみましょう。

Gスポット

指を膣内に入れたとき、第一関節~第二関節あたりで軽く曲げると指の腹が触れるあたりがGスポットです。

膣内でイキたい!潮吹きを体験したい!と思うなら、Gスポットの開発が必要不可欠。膣内全体で一番感度の良い箇所で、開発していくと中イキできるようになります。

ポルチオ

膣の奥にある子宮口は、ポルチオです。ペニスを挿入して、あたる奥の部分。

女性が興奮すると子宮口が膣入口の方に降りてくる場合があるので、より刺激しやすくなります。降りてくると指で刺激できるときもあるので、試してみるのも良しです。

恥丘

陰毛が生えている部分に触れると、恥骨があります。この恥骨に沿ったカーブが恥丘です。

ついクリトリスや膣内に気を取られがちですが、恥丘で快感を得る場合もあります。人よって気持い箇所はいくつかあるので、女性器まわりをまんべんなく刺激してもらい気持ち良いかどうか確認しべきです。

バスト周りにもある性感帯

胸を愛撫されるとき、性感帯を意識するのが大事。てきとうに触られるよりも、ずっと感じやすくなります。

バスト全体をただ揉まれても、正直あまり気持ち良さを感じないのではりませんか。これから紹介するスポットを覚えて、実践に活かしてみましょう。

乳首

胸の中でも、言わずと知れた敏感なスポットです。第二のクリトリスとも呼ばれ、オーガズムにも導きやすいと言われています。

指で乳首を刺激されたり唇や舌先で愛撫されたりすると、興奮が一気に高まるスポットです。敏感な女性は乳首だけでも、イキます。

スペンス乳腺

脇の下~リンパに沿った部分を、スペンス乳腺と言います。「こんなところが?」と思うかもしれませんが、胸のGスポットと呼ばれるほど敏感に感じやすい箇所。

スペンス乳腺の開発には、念入りな愛撫が必要です。優しく撫でられたり焦したりしてもらって、感度を高めていきましょう。

ミルクライン

恥骨ライン~乳首を結ぶラインを、ミルクラインと言います。ライン上には、飛び飛びで快感を得られる箇所があるんです。指でなぞる、もしくは優しく撫でるフェザータッチで、ミルクラインを攻めるのも良しです。

ここでは、すべてのスポットを紹介できていません。快感を感じる場所は、身体全体にあります。人によっては、首や背中、うなじでも刺激されると興奮するんです。

どこか気持ち良くなるのかしりたければ、全体的に触れてもらうのが一番。恥ずかしがらずに、パートナーにお願いしてみてください。